【せどりパワーブログ】(トライデント1.0)チーム生がコンサルを受注しました!




去年の11月から始まった、電脳or店舗限らず、せどりに特化したパワーブログを作り、せどりから派生した第二の収益を得るという企画。


もともとブログを書いていてコンサルをやっていた方々も参加していただいているのですが、

ブログ作成をゼロから始めたコンサル生では、ぱっちゃんさんが初めてお客様を獲得し、コンサルを受注しました。


時期的にもそろそろ来る頃だろうと思っていましたが、予想通り、結果が出始めました。


彼は経済的自由へのスパイラルに入ったことを意味します


彼は、今回、コンサルを受注したことで、第二の収益を得るスタートがきれました。

そして、彼は、その事実を自分のせどりブログの実績に記載できます。


すると、その記事を読んだコンサル希望者が来ます。

またまた、それを実績としてせどりブログに記載できます。


すると、益々コンサル希望者が来ます。

つまり、経済的自由に向けて、良いスパイラルに入ることができたんです。



今回のことが彼の人生にどれほど大きな影響を与えた事柄か分かりますか?





彼は本業の他、せどり、コンサルと3本の収益の柱を得たことになります。


僕は職業柄、いろんな会社を見てきましたが、セグメント(事業)が3つあれば安泰です。


3本あれば、彼はどれかがコケても、今後、人生の中で経済的自由を失うことはないでしょう。


当コンサルの感想を頂きました

<トライデントの感想>

トライデントに入って、ブログを始めて、5ヶ月経過しましたが、僕のブログ経由でコンサルを受注する事になりました。

僕はせどりを始めて長くもないですし、やっと初心者を脱出したぐらいだったので、本当にコンサルなんてできるのか?

っと不安でしたが、教えてもらったとおり、僕の知識で教えられる範囲の事を記事にしていましたが、

本当にコンサル依頼が来たときは、驚きと感動でした。

それと同時に、もっとせどり頑張って、ちゃんと稼いでもらえるように頑張ろうって気持ちになれました。


トライデントが、始まってすぐに僕が感じた事は、「まじか!!」でした。

なぜかというと、僕の人生では、見たことないような、プラグイン? FFFTP? グローバルメニュー?

っというように、見た事も聞いた事もないような文字がたくさん並んでいたからです。

これを自分で調べながらやるかと思うと、ぞっとしますね。

っというか、仕事があるので、教えてもらわないと時間が足りないですし、確実に間違ったやり方でやってたと思います。


次に、更に驚いた事があって、資料がかなり細かく丁寧に作られているんですよね。

しかも、「せどりブログ」に特化しているので、せどりをやっている人目線で書いてあるので、無駄な事がないんです。

必要最低限の大事な事だけ厳選されているって感じで、かなりの知識量がわかりやすく凝縮されているので、

スムーズにブログ作成が出来ました。


最後に、僕が一番参考になったのは、「ブログを作った後のキャッシュポイントの作り方」です。

ブログを作るだけなら、時間をかければ、独学でもできたかもしれませんが、

自分でやると、「その後どうすればいいの?」って感じでしたが、

トライデントでは、ブログを作った後の、コンサルの仕方、メルマガアフィリエイトについても、

ともやんさんの目線で書かれているのでかなり勉強になりました。

たぶん、僕が普通にいきなりメルマガやコンサルなんてやったら失敗してたと思います。


僕がこんなことを言うのもあれなんですが、

せどり以外の第二の収入源が欲しい人は、今すぐにでもブログを始めたほうがいいと思います。




ブログ作成者の過酷な現実


せどりをやりながら、ブログを書いている人もたくさんいると思います。

しかしながら、統計的な数字で言うと、ブログを書くのを途中で辞めちゃう確率は90%なんだそうです。


それにはいろんな理由があると思いますが、以下のような理由があるのではないでしょうか?


  • 自分のブログを誰かが見てくれてるか分からない
  • 自分のブログが誰かの役に立っているのか分からない
  • 自分のブログがいつまで経っても、検索上位に入ってこない
  • 自分がこのままブログを書いていても、別な収益へ繋げられるのか分からない
  • 自分がこのままブログを書き続けていても、その先が見えない


上記のような不安の根本は、ただ2つ


せどりブログを上位表示させるノウハウを知らないから。


せどりブログを次の収益に結び付けるためのノウハウを知らないから。



これらを解決しないと、ブログを書き続けるのは時間の無駄です。



しかし、これらが解決できれば、あなたのブログは、必ず、第二の収益源の大きな柱になります!





一緒に読みたい関連記事:


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ