せどりの仕入れ対象に「本」を加えるとレベルアップします!


今回の記事、すでに本せどりを実践している人、または、

本せどりは一切受け付けない人はスルーでOKです。



僕のせどりを始めたきっかけは、本せどりの特集をしていた「Big tomorrow」でした。

家にあった1,000円ほどの本を試しに出品したところ、4,000円の値段で売ることができたことをよく覚えています。

それから、本せどりにはまっていくのですが、今では、一部の例外品を除き、本せどりはやっていません。

もうほとんどやっていない私が言うのも何ですが、

本せどりをやったことがない人は、ぜひ一度は取り入れてみることをお薦めします。

なぜなら、本せどりには以下のメリットがあるからです。

メリット


  • 仕入れ金額が少額で済む
  • 読んでみたい本に出会える
  • せどりという仕事に付加価値があることを体感できる
  • アマゾンを使った物販の基礎が学べる


3番目はきわめて重要です。

これについては、こちらの記事で熱く語っているので、よかったら、見てください。

4番目についても、重要です。

初期投資が少額で、かつ、物販の基礎を学ぶには「本」せどりが一番です。

また、せどらー必須サイトのアマショウも、『「本」のランキングに例えれば。。。。』

と表示がされるようになっているため、

今後、『本』以外の商品を対象にしていく際にも、きっと皆さんの助けになるでしょう!!

しかしながら、本せどりにもデメリットがあります。

デメリット


  • 書き込みの有無を探す作業が大変(書き込みを見逃し、悪い評価を受ける可能性がある)
  • クリーニングが結構大変(単Cは特に)

どちらも結構大変な作業です。

さらに、これらの作業を手抜きすると、評価にダイレクトに反映されてしまうので、

非常にやっかいでもあります。

一方、この作業をやっていると、

せどりで付加価値をつけているなって感じる瞬間でもあります。

大変ですが、本せどりをしたことがない人は、ぜひ仕入れ対象に

「本」を加えてみてください。

デメリットよりも、メリットのほうが大きいです。

ご自身の仕入れスタイルにも影響を及ぼし、相乗効果でせどりの利益が増えていくと思います。








一緒に読みたい関連記事:


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ