【予約販売・転売】最近のジャニーズは惨すぎる。対応方法は?


最近、ジャニーズ関係のCDは、えぐい動きをしています。

言葉を選ばずに書けば、せどらーを撲滅しようって感じに見えます。


予約販売
ができるようになってしまえば、なんてことないのですが、

予約販売できないのに、ジャニーズは儲かる!みたいに思っているせどらーが

いるようで、そういう人はジャニーズのCDを買えば買うほど、どんどん

せどり業界から消えて行ってしまいます。



予約販売の最近の状況


具体的に言うと、
  • 数量限定で1つだけしか購入できない
  • アマゾンは在庫復活を繰り返す
  • 発売日以降大量に供給している(発売日以降プレ値にならず)

1番目ですが、カートを取れる人でも在庫を大量におさえることができなくなっています。


2番目ですが、1番目とも関係するのですが、プレ値と在庫復活を繰り返すので、

カートが取れないせどり初心者でも悪い意味で買えてしまいます。


3番目ですが、発売日以降にプレ値にならないので、予約販売以外では稼げない状況になっています。

総称すると、予約販売カートを取れない人が安易に手を出すと、損切りせざるをえないということです。



これもひどい状況


最近では、「殺せんせーションズ(CD付き初回限定盤)」がむごいです。

何度も在庫復活をしています。

1つしか買えないので、ベテランせどらーが在庫を枯らすことができず、

せどり初心者も在庫復活時に買えてしまっています。

今、記事を書いている時点では、プレ値になっていますが、

発売日にアマゾンが在庫復活することが明確に表示されています。

18日には、大量のアマゾン在庫が出てきて、

この蓋は取れないんだろうな、って思います。

蓋が取れないと、プレ値にならないですからね。


原因


このような状況が起こっている原因には、購入者からのクレームが大半を占めていると考えます。

よく商品レビューに書かれている転売屋への文句ですよ。

これについて、一度、あるレコード会社の人と話をしたことがあります。

やっぱり、せどらーのせいで、ほしいCDが買えない、買うとしても凄く高くなっている、というクレームが

多いそうです。


そうなると、レコード会社も対応をせざるを得なくてはいけないらしく、

人気商品については、購入制限を設けるなどの対策を取るしかないとおっしゃっていました。

このレコード会社は無限に仕入れることができた、貴重な電脳せどりの仕入先だったんですけどね。


対応策


対応策としては、下記の2つが考えられます。

  • 予約販売できるようにすること
  • アマゾン以外の販路で、販売すること

最近の動きが今後も続くとなると、

ジャニーズで稼ぐには、これぐらいしかないです。


予約販売のカートが取れない人は、ヤフオクやメルカリで販売することに

慣れておいたほうがよいと思います。



今日の電脳せどりブログの記事は、結構大切だと思いますので、頭の片隅に入れておいてくださいね。











一緒に読みたい関連記事:


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ