この記事は 328秒で読めます。

せどりの環境は、去年の11月のCD・DVD出品規制に始まり、家電・おもちゃなども含め、

今年は本当に出品規制が多くなりました。

解除するのも手間がかかるし、CDなんて今でも出品規制解除の手続きさえない状態です。

アマゾンの新品として出品禁止となっている商品の定義の復習

前回、アマゾンの新品せどり出品規制の概要について、ブログ記事を書きました。

新品出品禁止で電脳せどり仕入れ先としてのAmazonは?

「新品」として出品禁止の商品とは?

以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。

  • 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
  • メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
  • Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

過去に、予約販売・転売でも大きな環境変化があったことを忘れてませんか?

今回の件で、未だに盛り上がっていますが、過去にも、大きな環境変化はありましたよね。


アマゾンの料金値上げなんてしょっちゅうだし、予約販売・転売でも大きな変化に対応せざるを得ない時がありましたよね。



それは、『アマゾン限定商品』を予約販売してはいけない、という規約の登場でした。


今では何ともないですが、当時は、みんなざわつきました。

「発売日後に在庫復活したら、在庫リスクが発生するじゃないか!」とか。



また、予約注文の確定が、以前は発売日の30日前だったのが、2日前に規約変更になったこととか。

「予約販売・転売しても、2日前までにアマゾンの在庫が復活したら、キャンセルの嵐じゃね?」とか。



しかし、予約販売・転売をしている人で、今、これらのことを大きく取り上げる人なんていませんよね。


我々は環境の変化に柔軟に適応し、その上で利益を出す手法を常に改良し続けてきました。


これからも、我々せどらーなら出来ますよ。


今までも出来てきたんだから。


新品せどり出品規制の対策の鍵

アマゾンの定義した新品コンディションの条件をよく見てください。


アマゾンは、我々せどらーにヒントをくれています。


我々の突破口は、『個人事業主を除く』という点です。


これを使って突破していくのです。

追記1 (9/23)

メーカー保証について、テクニカルサポート合意済みの突破口を発見しました。


後述してますが、アマゾンのやりたいこと・守りたいことを考えて、それを担保できるように、

行動すれば、抜け道は必ずあります。


思考を停止させてしまったら負けです。


これで、『アマゾン限定商品』以外は、アマゾンの求める「新品コンディション」で出品して問題なくなりました。

悲観せず、環境の変化に、時に柔軟に

こういうネガティブな条件が出ると、とたんに新品せどりはだめだ、とか言い始める人がいます。


それも一つの考え方でありだとは思います。


これをきっかけに、中古品に比重を移してもよいですし。


それも、環境変化への対応と言えると思いますので、何も行動しないよりは良いと思います。



一方、新品せどりの方針は変えずに、アマゾンからのヒントをもとに、環境変化への対応を図ることも、またありだと思います。


僕は、こちらを選択することにしました。


アマゾンがヒントをくれているのに、それを利用しないのは勿体ないと思ったのです。



購入者の心理としても、中古より新品のほうが欲しいと思っていると思いますし。



いずれにせよ、こういう環境の変化が起きた時に、『動かない人』と『何でもいいから動いてトライ&エラーを繰り返す人』では、

その後の稼ぎに大きく影響を与えると断言できます。



現状維持に留まっていたのでは、時代の流れに置いてかれます。



『人は流れに乗ればいい』・・・かつてシャア・アズナブルは言いました。


今回の環境の変化に対し、何もしないというのが一番いけないパターンです。

本日の電脳せどりブログ記事のまとめ

僕らのコンサルチームは、上述した『個人事業主を除く』というヒントを使って、この環境変化を乗り切る方針です。


この対策・方法は、10月開始の電脳せどり・予約販売コンサルチームから適用していきます。


今月に、ブログにて募集を開始します。




P.S.金曜日の新垣さん。ガッキー可愛すぎる(^^♪



ほんじゃ、またブログ更新します。



電脳せどりブログのTOPへ戻る