この記事は 37秒で読めます。

最近、せどり業界で、ノウハウコレクターになっている人を耳にするようになりました。

なぜ彼らはノウハウコレクターになってしまうのでしょうか?

本日の電脳せどりブログの記事にしたいと思います。

ノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターの定義を書けば、

様々な教材を持っていたり、いろんなコンサルを受けた経験はあるので、知識はあるのだが、

せどりや電脳せどりで実績が出せていない人」のことを言います。

なぜノウハウコレクターになってしまうのか?

ノウハウコレクターの方は、好きでノウハウコレクターになったわけではないはずです。

答えは簡単で、隣の芝生が青く見えちゃうからです。



巷には、我々を誘惑するものがたくさんあります。

せどりや電脳せどりの教材、コンサル、スクールなど、星の数ほどあるのではないでしょうか。


中には、最初の1か月目から50万の利益が出せる!みたいな謳い文句で書かれている

セールスレターもあり、誘惑されちゃいますよね?


僕だって、最初から本当に50万の利益が出せるなら、そのせどり手法やってみたいです。


でも、はっきり断言しますが、せどり初心者で初月から利益50万は絶対に不可能です。

そして、行動しない人、努力しない人は、せどりでも他の副業でも成果は絶対に出せません。



ノウハウコレクターの方が、なぜノウハウコレクターになってしまうのか分かりました?



実績が出ない人が、「あっちのほうが稼げるんじゃないか?」って思って、

今の教材、せどりコンサルを辞めて、別なことをやり出すことを繰り返すことによって、

その人は、いつの間にか、ノウハウコレクターになってしまうのです。

ノウハウコレクターにならないためには?

ノウハウコレクターにならないためには、どうしたらいいか、もう分かりますよね?



今の教材、せどりコンサルを信じて、継続することです。



「レジュメには問題ない、コンサルチームの雰囲気も悪くない、先生の人間性や、

先生とのフィーリングも悪くない、結果が出ていないのは、自分が動いていないだけ」って自覚がある方は、

その教材、せどりコンサルを信じてがんばってください。



これも断言しますが、最初から大きな結果は出ません

これはどんな副業に対しても言えるのではないでしょうか。


最初は、努力して、動いて、地道に自分の経験を積んでいき、

徐々に結果がついてくるんです。


ノウハウコレクターになってしまう確率は、初心者の方が高いです。

暗中模索で先が見えないために、不安になり、つい誘惑に負けて、

青く見える隣の芝生に行ってしまうんです。

初心者の方、気を付けてくださいね。


ただ、隣の芝生に移動しなければいけない場合があります。

それは、コンサルで言えば、先生の人間性や先生とのフィーリングが合わない場合には、

直ちに辞めたほうがよいです。


僕も、あるせどり塾でリーダーの人間性に疑問を感じたため、退会しました。

インターネットでの関係とは言え、人の人間性はとても大事だと思います。

また、教わっていく中で、フィーリングが合わないとモチベーションも下がってしまいます。

そういう場合には、直ちに撤退することです。


そうじゃないのに、結果が出ていないのは自分が動いていないからだ、って気づいている人は、

せっかく入ったせどりコンサルチームなので、継続することを薦めます。


プロゴルファーで常に上位にいる人でさえ、お金を払って、継続して師匠に教わっています。

それは、人間は機械ではないので、フォームとかが徐々にずれてくるんですね。

それを継続して師匠に見てもらって、修正してもらうことで、間違った方向に

行かないようにしてるんです。

それが結果的に実績につながっているんです。

うちの電脳せどり・予約販売チームで稼いでいる人たち

こんなことを書きながら、うちの電脳せどりコンサルチームを思い浮かべると、稼いでいる方は、

3~4回以上、ずっと継続してくれているなーって思いました。

そういう継続してくださっている方は、うちのコンサルチームに居心地の良さを

感じてくれて、結果もついてきているので、ずっと継続してくださっているのだと

思っています。 ← 自信過剰


これを読んでいる読者の方も、何かの教材を使っていたり、どこかのせどりコンサルチームに

入っている人も沢山いると思います。


結果が出ないとき、上述を思い出して、隣の芝生が青く見えても、

自分をコントロールして、ノウハウコレクターにならないようにしてほしいと思います。


もう既にノウハウコレクターになってしまっている人は、レジュメやコンサルチームの雰囲気は

もとより、先生の人間性やフィーリングに問題なければ、今のせどりコンサルチームで

引き続き頑張っていくことで、結果が出て、ノウハウコレクターを脱出できると思います。