この記事は 30秒で読めます。

本日から期間限定で、電脳せどり予約販売のコンサル生を募集します。

ネットサーフィン中にこんな記事を見つけたんです

→ ボロ雑巾になって捨てられる社畜たち

→ 仕事で私が壊れる 人生を搾取される「全人格労働」

これらの記事を読んだ時、あまりの酷さに言葉を失いました。

日本は、政治家が舵取りを間違ったせいで、今後衰退していく国になってしまいました。



『一生懸命働く → 給料があがらない → もっと一生懸命働く』 



現在、サラリーマンは、こんな悪いスパイラルになってしまっているのではないでしょうか。


これが、全人格労働者を生み出しているのだと思います。


彼らは、会社しか助けてくれるところはない、ひいては、会社以外には逃げ道はない、としか思えなくなっているのです。


生き地獄から脱出しませんか?

しかし、そんなことはありませんよね。

会社にしがみついている必要はありません。


給料だけがお金ではありません。

犯罪をしなければ、給料以外でも収入を得ていいのです。


むしろ、給料以外での収入を求めていくようにしないと、我々世代は精神的に追い込まれてしまいます。

「私を救ってくれるのは会社だけ」という考えから脱出しなければなりません。



この文章を読まれているあなたなら、分かりますよね?

副業で第二の収入を得ることができれば、会社にしがみついていなくてもいいですし、

ひいては、楽しければ副業が専業になってしまっても良いわけです。


せどりが副業に最適な訳とは?

副業にも、いろんな種類がありますよね。

「big tomorrow」を読んでいると、みんないろんなことで稼いでいるなーって感心することがよくあります。


でも、やはり、副業で一番結果が出やすいのは、「せどり」だと思います。

物販の基本は、安く仕入れて高く売る。

これだけです。


今は、安く仕入れるためのノウハウやツールもあり、高く売るためのプラットフォームもあります。

これだけ十分な環境が整っているため、私たちは、他のせどらーがやっていることを真似するだけで

利益を簡単に出すことができます。


これは、本当に凄いことです。

会社から精神的に追い込まれている人には、是非とも「せどり」を一度やってほしいなって思います。

あなたに予約販売という手法を取り入れてほしい訳とは?

私が約3年間、アマゾンせどりをやってきて思うのは、最強の手法は、やはり「予約販売」だということ。



だって、商品の発売日後なら、値下がりリスクやアマゾンの在庫復活などのリスクがある中、

予約販売は、商品の発売日前に高値で売り切ってしまうんですから。

こんなローリスクの手法はないです。



上述のように、「物販の基本は、安く仕入れて高く売る」と書きました。

しかし、如何に安く仕入れても、仕入れた時点から「在庫リスク」というものが発生します。


在庫は、お金が物に変わっただけです。

在庫リスクは、その在庫から損失が発生すること、イコールお金が目減りするリスクがあるということです。

そう考えると、在庫を持つって危険だとは思いませんか?

この在庫リスクを極限まで低くできるのが、予約販売の最大の強みではないでしょうか。


また、予約販売の場合、売上は商品の発送時に計上されます。

一方、仕入れにクレジットカードを使っていれば、請求は翌月以降です。

つまり、アマゾンからの入金のほうが圧倒的に先になるため、資金的にも余裕が出てきます。

それを次の商品に投資することで、雪だるま式にお金を増やすことが可能となります。

これも予約販売の強みの一つです。


私ももちろん予約販売以外もやっていますが、予約販売が一番楽で楽しいですね。

発送時は死にますけどね(笑)

私たちのコンサルチームで一緒に稼ぎませんか?

こんな魅力的な予約販売ですが、誰でもできるわけではありません。

条件をクリアした人でないと、予約販売はできないんです。


私のチームでは、コンサル生が条件をクリアし予約販売ができるようにコンサルしています。

今までのパターンですと、1月と7月にコンサル生を募集するのですが、

今回は1月に新規の方の募集はしませんでした。


しかしながら、「コンサルの募集は今はしていないのですか?」というメールを沢山いただくので、

今回だけ、特別にコンサル生を募集することにしました。



ただし、注意してください。



仮登録メルマガへのアクセスは、3月29日までです。

ご興味のある方は、下記の提案書をお読みいただき、

急いで、仮登録メルマガ(仮申し込み)へ登録してください。

→ 提案書(仮登録は終了しました)

あわせて読みたい電脳せどりブログの記事