この記事は 20秒で読めます。

先日、メールで楽天から、こんなメールが届きました。

今頃、こんなメールを流しているようでは、

残念ながら、楽天のECビジネスは衰退期に入ったかもしれませんね。

届いたメールはこんな感じ

本メールが届いた会員様が現在お持ちになっている楽天カードの

ご利用可能枠を増枠させていただきました。


【増枠の詳細】

増枠前:ショッピング枠 〇万円

増枠後:ショッピング枠 〇万円

僕は、楽天のかなりの上客だったと思います。

電脳せどらーですから。



しかし、楽天カードって、CMでやっているように、すぐに発行はしてくれるのですが、

限度額がしょぼいんです。




申し込んでから半年がたったので、増額してくれ!ってお願いしても、

まったく暖簾に腕押し状態。

こっちは、どれだけ楽天から買ってると思ってるんだよって言いたくなりましたが。

ですので、最近は、限度額が高いアメックスを楽天では使っていました。



それが、限度額UPの依頼もしていないのに、いきなりのこのメール。

楽天のECビジネスのお尻に火がついているのは、

バレバレですよ?

今回の増額のメールの魂胆はつぎの2つ

  • YAHOOショッピングに大きく水をあけられていること
  • 今日から始まる楽天スーパーセールで金を使わせようとしていること

魂胆みえみえで、嫌ですねー。



ご存じのとおり、YAHOOは、ショッピングでは、

10%~20%ほどの割引(Tポイントの付与)が常につくようになりました。

それは、実質、10%~20%引きで商品を仕入れることができるのと同義です。



一方、楽天はハピタスと楽天カードを使っても、3%程度のポイントバック。

消費者心理を考えても、どちらを使うかは、一目瞭然ですよね。



それが、売上の落ち込みとして数字に表れてきてしまったので、

今、対策を練っているんだと思いますよ。

今回の、頼みもしないのにカード枠増額は、その一環と思われます。



しかしながら、三〇谷さん、一度、流れた水の方向は、そう簡単には変えられませんよ。

残念ながら、御社は今、後手に回っており、

打つ手を間違えれば、売上の落ち込みは止められません。

経営幹部は分かっていると思うけど。

楽天スーパーセールは使わせてもらう

とはいうものの、楽天スーパーセールは、最大30%までポイントバックがあり、

YAHOOを上回るので、今回のセールはいつも通り使わせてもらいます。

楽天スーパーセールでの、電脳せどらーの戦い方は、楽天スーパーセールの電脳せどりのやり方の記事にまとめてあるので、

時間があるときでも、見ておいてください。



ポイントは、3つです。

  • クリック勝負のものは、時間の無駄だから、触らない
  • ポイント30%になるように、各店舗で1,000円だけ買う
  • そして、ポイント30%の状態で、楽天ブックスでめいいっぱい買う




電脳せどりのやり方全般については、こちらの記事でまとめてみました。

→ 【電脳せどりとは~】やり方から仕入先・ツール及び多様な販売先までブログで教えちゃいます!