この記事は 343秒で読めます。

もう11月に入ったので、副業でやっているせどりの税金・確定申告のことを考えないといけないですよ。

年が明けてからでは遅いです。

年が明けたら、もう何も対策できないから。

あと2カ月で対策しておきましょう。

まずは、会社の副業規程を確認しよう

まずは、会社で定めている副業規程を確認しておきましょう。


時代の流れで副業を認めるようになった会社は増えてきました。


少し前にソフトバンクも認めましたね。

あれで、約1万人の従業員が副業をしてもよくなりました。


しかしながら、まだ日本全体から見たら、ほんのわずかです。

ほとんどの会社は副業を認めていないのではないでしょうか。



経営者の立場からすれば、「本業に注力してほしい」という思いは理解できますが、

利益を従業員に還元せずに自社内で貯めこんでおくのもどうかな、と思います。



結局、サラリーマンの懐が寂しくなっているから、副業をやりたくなるわけですから・・・



というわけで、会社が副業を認めていれば、その規程の範囲内でやればOKですが、

問題は、認められていない場合です。


そちらは、対策を講じないと、ちょっとまずいかなと思います。

副業が会社にばれる要因は住民税にあり

通常、サラリーマンは、給料から住民税を天引きされ、会社があなたに代わって、住民税を納めてくれています。


これを「特別徴収」と言います。



住民税は、所得に応じて決まってきますから、会社の経理・人事部は、あなたの「あるべき住民税の額」を把握しています。


しかし、都道府県および市区町村から来る住民税額のお知らせが、会社の経理・人事部が把握している「あるべき住民税の額」より大きいと、

そこで、「何か本業の他に収入があるな」と、ばれてしまうのです。



例外として、親が不動産を所有していてそこから賃貸収入があった場合、遺産相続により、その不動産を相続することがあります。

それは、仕方ないことなので、会社に正直に言えば、全く問題ないでしょう。



しかし、住民税が大きい場合に理由が説明できないと・・・BANになりますよ。

今までは、住民税の普通徴収を選ぶこともできた

上述のような悪夢のストーリーにならないために、今までは、副業の住民税を自分で納めるやり方を選択することもできました。

これを「普通徴収」と言います。

確定申告をすると、下記のキャプチャーのように、住民税をどちらの方法で支払うのか選ぶことができます。

せどり税金


自分で納めるやり方(普通徴収)を選べば、副業に関わる部分の税金は自分で納める手間が発生しますが、

会社には、ばれずに済みました。

近年の市町村の動きが問題だ

なんと、近年、この普通徴収を受け付けない市町村が出てきました。


会社員は、まとめて会社から一括で住民税を支払ってほしい、ということです。


市町村のコスト削減の一環かもしれませんね。


したがって、あなたの住んでいる地域で普通徴収を認めているか否か、確認しておく必要があります。


普通徴収を認めていない市町村だと、会社に副業収入の情報が行ってしまうので、これまた対策をする必要がありますよ。

今年からマイナンバー導入でその影響は?

また、今年からマイナンバー制度が導入されました。


これで、理論上は、あなたが納めている税金は、番号一つ呼び出すだけで、税務署は把握できることになりました。



しかし、このブログ記事を書いている時点で(11/12)、税務署もどのように運用していくか、まだあまり決まっていないようです。


副業がばれるような運用、例えば、上述のように、市町村のコスト削減のため、マイナンバーを使って、

すべての会社員は特別徴収を原則として実施するようになると、一発でばれてしまいます・・・


今はバタバタしているようですが、いずれこのようになる可能性は否定できません。

本日の電脳せどりブログのまとめ

今日のブログ記事の冒頭に書きましたが、あと2カ月しかないので、対策が必要な方は、

急ぎ対策をする必要があります。


こういう対策もコンサルでお話できたら、と思っています。


ちなみに、過去の記事(青色申告者になって、副業せどりの税金を納めよう)で、数ある対策の一つのヒントを書いていますよ。




いずれにせよ、利益が20万超出ているのに、確定申告をしないということだけはやめましょうね。


無申告が税務署にばれると、罰金が加算されるんです。


あなたが100%後悔するような、多額な請求が来ますよ。


P.S.来月、スターウォーズが公開されますが、商品の仕入れは終わっていますか?

今回で言うと、まだほとんどの人が動いていない、夏頃に仕込んでおくのがベストなタイミングだったかもしれませんね。


スターウォーズというと、ライトセイバーでのバトルが見どころの一つですよね!

グリーヴァス将軍との闘いは面白いです。

これを編集してくれた作者に感謝します!




ほんじゃ、またブログ更新します。



電脳せどりブログのTOPへ戻る