この記事は 257秒で読めます。

今日の電脳せどりブログの記事では、言いたいことが2つあります。

まず、一つ目は、電脳せどりツールパーフェクトバイヤーで、またもや刈り取りができたこと。

もう一つ目は、出品者は自分のミスに責任を持ってほしいということ。

パーフェクトバイヤーでは、こんな商品も見つかるんですよ!

先日、パーフェクトバイヤーで刈り取るゲームを探していたら、こんなのが見つかりました。


Wii U ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT セット (【初回限定特典】amiiboカード ダークミュウツー 同梱) 【Amazon.co.jp限定】ダークミュウツー アクリルキーホルダー 付

1



上記商品は、定価が約40,000円、アマゾンで約50,000円弱で販売されている人気商品です。


ほとんどの人が約50,000円で出品している中で、上記の出品者の商品は、価格差があったために、パーフェクトバイヤーで引っかかりました。

もちろん、ワンクリックで即購入しました。

利益額で約39,000円、利益率80%は行ったでしょう。


こういうのが見つかるから、ブログ読者の皆さんには、僕は電脳せどりツールでパーフェクトバイヤーをお薦めしているんですよー。

価格設定の誤りの出品者都合のキャンセルをされてしまいました。。。

しかしながら、残念なことに、「価格設定の誤り」という理由で、出品者から強制キャンセルされました。

まー、そりゃそうですよね。

明らかにゼロを一つ入れるのを忘れてしまったんだろうなってのは、誰でも想像できます。


でも、僕は、この行為に対し、評価をつけるに至りました。

理由は2つです。

ミスをしたら、まずは謝罪をしよう

誰にだってミスはあります。

今回のは、明らかにミスだって分かります。

しかも、割と高額。


でも、キャンセルするにしても、社会人なら、まずは、こちらに謝罪のメールをしたほうがよいのでは、と私は思います。



誰にだって、ミスはありますよ。

そこに謝罪のメールがあって、「キャンセルさせてもらえないでしょうか?」って言ってくれば、

結果は違ったものになったでしょう。



今回のケースでは、個別のメールもなく、一方的なキャンセルでした。


この点で、僕は、この出品者に評価をつけることにしました。

自分のミスに対しては、責任を持った行動をしよう

もう一つの理由は、この出品者は自分のやってしまったミスを、約35,000円の損失と天秤にかけて、

アマゾンの「価格設定の誤りによるキャンセル」という逃げ道に走ってしまったことです。


この出品者は、評価の数的に、どちらかというとせどり初心者だったので、

「出品者都合によるキャンセル」が自分のアカウントを傷つけてしまうことも知らなかったのかも

しれませんね。


でも、僕がせどり初心者でも、自分のやってしまったミスなので、社会人として責任ある行動として、

この値段で販売したと思います。


「出品者都合によるキャンセル」をした場合の受ける影響も、予約販売をする僕としては、

多大なる影響がありますしね。


また、もしかしたら、「良心的な値段でよかった」なんて貴重な評価をもらえるかもしれないですしね。



そもそも、この世の中の店舗で、注文した後に値段を付け間違えてましたので、キャンセルさせてください、なんて

いうお店がありますか?


あるレストランで、1,000円のランチを注文した後に、実はこのランチ、値段の付け間違えで10,000円なんですよ、なんて

いうレストランがありますか?


ある洋服屋で、10,000円のシャツを買った後に、実はこのシャツ、値段の付け間違えで100,000円なんですよ、なんて

言ってくる洋服屋がありますか?


きっと、実店舗でも、このような価格設定ミスは起きてしまっているはずです。

でも、それでお店に出したら、「値段の付け間違えでした」なんて言わずに、「ミスった」と思いつつも、素直に販売しているんです。



それが、「社会の常識」だと思っています。



アマゾンだけですね、価格設定の誤りでキャンセルができるのは。



結果として、この出品者は、「出品者都合によるキャンセル」でバツ1

「僕からの評価」でバツ1の、合計バツ2往復ビンタを食らうことになりました。


評価は1年消えないので、この出品者は、目先の利益を取ったために、

今後1年間で販売できたはずであろう売上を逃すことになるでしょう。



僕の思いとしては、ミスをしてしまった場合、それから逃げずに、誠実に対応しなければいけないんだってことを

この出品者が学んでくれたらよいなと思います。