この記事は 153秒で読めます。

今日は、電脳せどりには欠かせない「刈取り」をしてしまう「ツール」を紹介します。

名前は「パーフェクトバイヤー」と言います。

最近は、このツール使って、お宝探しばっかりしていますw

このツールは、マジで使えます。

しかも、視認性に優れており、マニュアルを読まなくても使えちゃうぐらいです。

今日は、そのことについて、電脳せどりブログの記事にしたいと思います。

刈り取り仕入れの実績

まずは、パーフェクトバイヤーを使って、最近仕入れた実績を紹介します。

【Amazon.co.jp限定】if~ひとり思う~【初回限定盤】 CD+DVD

1


2


これらはすべて自己発送の商品だったのですが、この価格帯のものは全部刈り取って、FBAに再出品し、@4,280円ですべて売り切りました。

利益は、1つ当たり915円だったので、約7,300円の利益となりました。

殺せんせーションズ(CD付き初回限定盤)(DVD+CD)

1


こちらは5,980円仕入れの8,900円売上。

利益は約1,300円でした。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード(CDなし) [Nintendo Wii]

3

こちらは、2つとも@5,000円で売上げ、約1,000円の利益でした。

パーフェクトバイヤーの概要

上述したのは、分かりやすそうな例をあげました。

最近はこんな感じでパーフェクトバイヤーを使って、安く出品している人から刈り取って、FBAに送り込んでいます。

検索結果には、ランキング、見込み利益やモノレートへのリンクが貼ってあるなど、使いやすいです。

スピードも速いです。



パーフェクトバイヤーには、以下の機能があります。

  1. 相場ギャップモード
  2. 相場価格よりも極端に安い出品者のいる商品を自動検索します。

    安い出品者から仕入れて相場価格に合わせて再出品することで、その価格差が儲けになります。

  3. FBAギャップモード
  4. 自己発送よりも高値で売れるFBAの特長を活かして、

    自己発送とFBAの価格差の大きい商品を検索できます。

  5. 新古ギャップモード
  6. 再販維持制度によって、新品価格よりも中古価格が

    高くなるという逆転現象の起きた商品を発掘します。

  7. カートギャップモード
  8. 新品カート価格と新品最安値の差額の大きい商品のみ抽出します。




僕が普段使っているのは、「FBAギャップモード」と「カートギャップモード」です。

つまり、自己発送のため、安く出品している人や、FBAの安い人から仕入れて、

改めて、自分でFBAに出品するというやり方です。

このやり方、かなりお薦めです。

刈り取りにご興味がある方にお薦めですが、せどりキング5とセットのものを買ったほうがお得です。


<追記>
パーフェクトバイヤーの発売元であるインターナルは、ちょっとした事件を起こして、今は、パーフェクトバイヤーの発売はしていません。

ご留意ください。