この記事は 140秒で読めます。

僕の今の仕入れ先の99.9%はネット、つまり電脳せどりがメインです。

電脳せどりをやるようになってからは、店舗せどりはほとんど行かなくなりました。


なお、電脳せどりのやり方全般については、←こちらのブログ記事をご参照ください。

電脳せどりの初心者は、まずヤフオクを使えるようになろう

電脳せどりの基本は、ヤフオクからの仕入れです。電脳せどりに挑戦しようとしている方は、

まずはヤフオクから仕入れてみるようにしましょう。

ヤフオクで出品されているものを落札し、それをAmazonで売るのです。

したがって、AmashowやFBAシュミレーターの使用も必須になってきます。

⇒ Amashowへはこちら

⇒ FBAシュミレーターへはこちら

利益が出そうな商品を見つけたら、Amashowで過去の経緯や販売の状況を確認し、

FBAシュミレーターでどのくらいの利益になるかも確認します。

これが結構大切で、

価格下落にも多少耐えられるかどうかも見ておきます。

Amashowでは、本のランキングにたとえると。。。と出ますが、

ランキング400,000ぐらいまでなら3ヶ月もあれば、売れていきます。

出来れば100,000以内が望ましいですが。。。

追記

FBAシュミレーターは、消費税を含んでいない項目があるので、Amafeeがよいと思います。



ヤフオクに入札するときは、必ずハピタスを踏んでいってくださいね。

Amashowを使った実際の商品の探し方などは、メルマガで動画で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

ネットショップ仕入れにも挑戦しよう

ヤフオクでの仕入れにも慣れてきたら、今度は、

ハピタスに掲載されているすべてのネットショップから

仕入れることができるようになりましょう。

僕の場合、楽天ブックスや楽天が多いですね。

ただし、ネットショップが楽天経由で出品していることもあるので、

そのネットショップがハピタスに直接登録されていないかどうかもチェックします。

そのほうが還元ポイントが高いことが多いからです。


レコード会社のネットショップから直接仕入れよう

意外と穴場が、これです。

特定のCDはこのレコード会社のネットショップでしか買えないものとかあり、

イコール、即プレ値になります。

だって、そこでしか買えないのですから。

これもたくさんあるので、探してみましょう。

上述のさまざまな仕入先の詳細は。。。

今回の記事は「概論編」なので、詳細は別な記事やメルマガで詳しく書こうと思っています。