この記事は 728秒で読めます。

せどり電脳せどりをしていると、どうしても使わざるを得ないアマゾンというプラットフォーム。


しかも、AMAZONは購入者の意見重視なので、FBAなら返品はどんな理由であれ、受け付けつけてしまいます。


正当な理由ならよいですが、悪質な詐欺行為が横行しているようなので、その対処法をブログ記事にしてみました。

付属品だけを引き抜いてアマゾンに返品してくるケース

あなたもAMAZONせどりをやっているなら、1度くらいあるでしょう。

「×××がついていなかった」という返品。


中古品を扱っている人なら、付属品が欠如しているケースもチェック漏れであるでしょう。


しかし、僕は99%新品しか扱わないので、基本的に付属品がついていないというのは、あり得ないのです。


今回、あるDVDで付属品がついていないとの理由でFBAに返品されてきたので、テクニカルサポートとバトルをしました。

アマゾンFBAで知っておいたほうがよいルール

大会社ともなれば、会社に損害を与えるようなことが起こらないよう、内部統制がしっかり整備・運用されているものです。

アマゾンも例外でなく、過去にテクニカルサポートにアマゾンFBAの内部統制について聞いたことがありました。


初めて聞く人もいると思いますが、僕のブログ読者には、悪質な返品詐欺に対して、泣き寝入りしてほしくないので、

教えちゃいます。



それは、商品がFBAから出荷された時の重量と返品時の重量を測っているということです。



この作業を設けている理由は、アマゾンの内部統制機能として、付属品の抜き取り返品詐欺を発見するためです。

今回、僕が受けた悪質返品

今回、返品を受けたのは、この商品です。

アマゾン悪質返品


大きなポイントの一つ

トラブルが発生した時は、テクニカルサポートと文書(チャット)でやり取りすることがポイントになります。


何かトラブルがあった時に、テクニカルサポートとやり取りするときは、文書でやり取りしてくださいと

コンサル生にもアドバイスしています。


電話だと言った、言わないの世界になってしまうので、文書で残しておくのです。


もちろん、テクニカルサポートと揉めた時に貴重な証拠になるからです。

今回のアマゾンとのやり取り履歴

以下に、テクサポとのやり取りを載せますので、あなたがトラブルに巻き込まれた時に役立ててください。

僕 ➡ アマゾン(チャット)(その1)

僕 : 注文番号: # ×××におきまして、附属品がついていないとのことで、返品されています。

僕 : FBA倉庫から返品依頼をかけて状態を確認したのですが、シュリンクが全部取られているわけではなく、

一部だけ開いている状態でした。

僕 : もともとこの商品は、付属品も含め、シュリンクで包まれているものであり、弊社スタッフに確認したところ、

目視ですべて附属品はついていたとのことでした。

僕 : 商品の発送時と返品時に重量に違いはなかったでしょうか?

僕 : お忙しいところ恐縮ですが、調査をお願いできますでしょうか?

テクサポ : かしこまりました。

テクサポ : お調べにお時間を要しますため、本件お預かりとさせていただき確認が取れ次第メールにて

ご連絡をさせていただきたく存じますがよろしいでしょうか。

僕 : はい、お時間かかると思われるので、その対応でお願いできますでしょうか? よろしくお願いいたします。

テクサポ : かしこまりました。

テクサポ : それでは調査し確認が取れ次第ご連絡いたしますため、お待ちいただけますようお願いいたします。

アマゾン ➡ 僕(その2)

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

また、回答までに時間がかかりましたこと誠に申し訳ございませんでした。

お問い合わせいただきました、注文番号:××× の返品につきましてご案内いたします。

担当部署へ確認いたしましたところ、当該ご注文につきましては出品者様の商品のみに限らず、

ほかの出品者様の商品と合わせて出荷されておりました。

そのため、大変恐縮でございますが出荷時の重量の確認が致しかねますことご容赦いただきますようお願い申し上げます。

————————————————————
選択理由:付属品や特典が不足している
コメント:タオルとドリルが付属しているはずなのにタオルしか入ってない。
————————————————————

この度のご注文商品につきましては、上記理由にて返品を承っております。

当サイトでは購入者様の返品理由を重視しておりますため、この度の理由の場合、

購入者様のお手元へ商品が着荷した時点で付属品が欠品していたと認識いたしております。

また、返送されました商品が納品時と同等の商品状態か否か、返品理由が妥当か否かなどにつきましては

返品受付センターでは判断致しかねておりますことご了承ください。

出品者様のご要望に副えず誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


上記蛍光マーカー部分は、テクサポ担当者のミスですね。


僕に論破される隙を与えてしまいました。


こういうことがあるから、文書でやり取りしたほうがよいのです。



やるべきことをやっていない、そして、他部署への責任のなすりつけ。




ぶっちーーーーーーん



切れちゃいました。

僕 ➡ アマゾン(その3)

>購入者様のお手元へ商品が着荷した時点で付属品が欠品していたと認識いたしております。

ということは、FBAの倉庫で紛失したという理解でしょうか?

先に書いたとおり、この商品はシュリンクで包まれているものであり、FBA担当者が入荷の際に、

破れていたら気づきますよね?(気づくぐらい大きな破れです)

御社としては、FBAで受領した際に、正常な商品として受領したわけですよね?

正常な商品として受領したのなら、その後の管理責任は御社にあるのではないでしょうか?

ですので、出荷時と返品時に重量を図ることのルールが御社のほうではあるのですよね?

当社もお客様にクレームを受ける、返品される、ような商品を販売してもメリットないので、

出品時に現物チェックをしております。


なお、当商品、他のお客様にも販売しておりますが、他のお客様からはクレームや返品を受けておりません。

今回の返品が悪質な付属品抜き取り返品か否かは、FBAに入庫した後は、御社が管理すべきものです。

出荷時及び返品時に重量を図ることのルールになっていることは知っています。

今回は、それを実施していなかったのでしょうか? それをやっていれば、こういう結果にはならなかったのでは

ないでしょうか?

正常な商品としてFBA受領した後に、発生した問題について、当社が責任を持つ理由が理解できません。


>返品受付センターでは判断致しかねておりますことご了承ください。


セクションが分かれており、業務も異なることは理解していますが、同じ会社なのですから、連携を図って、

再度調査をお願いいたします。

アマゾン ➡ 僕(その4)

ここで担当者が変わりました。

面倒なやつが来たと思ったんでしょうw



Amazonテクニカルサポートへお問い合わせいただきありがとうございます。

このたびは当サイトのご利用にあたりご不便おかけしており誠に申し訳ございません。

商品の付属品の件についてご案内いたします。

—————-
商品名:映像で学ぶ! はじめてのブルーエンカウント(初回生産限定盤) [DVD]
SKU:
ASIN: B01I2VI474
—————-

上記商品の不足している付属品について、フルフィルメントセンターに付属品のみが残されていないか調査を依頼いたしました。

確認でき次第ご連絡いたしますので、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

アマゾン ➡ 僕(その5)

Amazonテクニカルサポートへお問い合わせいただきありがとうございます。

このたびは当サイトのご利用にあたりご不便おかけしており誠に申し訳ございません。

返送商品の付属品欠品についてご案内いたします。

—————-
商品名:映像で学ぶ! はじめてのブルーエンカウント(初回生産限定盤) [DVD]
SKU:
ASIN: B01I2VI474
—————-

上記の商品について、出品者様へ返送された商品に付属品のドリルが不足しているという問題をご報告いただきました。

出品者様にはご迷惑ならびにご不便をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

本件につきましては、Amazonより出品者様へこの欠品物に対する規定価格分を補てん対応させていただきます。

これは、購入者様へご連絡しても返答のない可能性があり、また購入者様のお手元に付属品があった場合も、

その付属品を出品者様へ再送付する手間がかかるためです。

欠品物に対する以下の交換価格を出品者様のアカウントへ計上させていただきますので、

反映まで今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

========
補てん金額:2500円

※補てん金額は、Amazon サービスビジネスソリューション契約、破損・紛失商品の返金ポリシーに基づいた価格を適用し算出されています。
========

上記補てんにつきましては、出品者様のペイメントの「その他」の項目へ数日後に反映されます。

お手すきの際にご確認いただけますようお願いいたします。

結果として

 

論破しました!

今回は、補填金額なんて、いくらでもいいんです。

補填金額で儲けたとか、そういう話ではなく、アマゾンに不用意に返品を受け付けると会社に損害を与えることになるよ、

というのを少しでも分かってもらえたこと、そして泣き寝入りはしなかったことが成果です。

本日の電脳せどりブログ記事のまとめ

せどり、電脳せどりをしていると悪質返品詐欺に出会うことでしょう。

でも、悪質返品詐欺に対し、泣き寝入りをしてはだめですよ!


アマゾンの購入者重視の姿勢は、ちょっと行き過ぎだと思います。

だからこそ、必ず何かしらの解決方法があります。


あなたがもし僕と同じようなケースに出会ったら、今回のブログ記事を役立ててください。


悪質返品が横行しているようなので、セラーから沢山のクレームがくれば、

大会社のアマゾンも、悪質返品への対応を変えるかもしれませんね。



P.S. 若い人はFBは知らないかも・・・




ほんじゃ、またブログ更新します。



電脳せどりブログのTOPへ戻る