この記事は 17秒で読めます。

日本は、世界2位の格差社会の国になってしまいました(アメリカの次)。

大富豪は何も考える必要はないでしょう。

では、僕らのような社畜サラリーマンはどうなってしまうのでしょうか?

日本は、人口が減っていく国なので、経済もおのずと縮小していきます。

終身雇用という考え方もなく、企業は業績が悪ければ不採算部門を平気でリストラしてきます。

転職市場がアメリカのように発展していればよいですが、

残念ながら、日本では転職市場は機能していません。

そのため、正社員が増えず、非正規社員ばかり増えています。

非正規社員は、平均年収が250万ぐらいです。

正直厳しいです。

だから、今の会社を安易に辞めるわけにもいかない。

もう袋小路ですよね。

では、どうすればよいか?

給料以外からの収入源を作るしかありません。

もう本当にこの方法しかないのです。

政治家や大富豪が手を組んで私腹を肥やそうとしているのがミエミエ。

だから、こんな格差社会は悲しいです。

アベノミクス? はぁ? ふざけんな!って感じです。

結婚するときに娘さんを幸せにしますと義理の両親に誓いました。

日本社会に期待が持てない以上、自分で何とかするしかないのです。

自分勝手な意味ではなくて、

せめて自分の家族だけは路頭に迷うようなことがあってはならないと強く思います。

僕はただのサラリーマンです。

とってもちっぽけな。。。。

自分の家族を守ることぐらいしかできない、ちっぽけなサラリーマンです。

日本社会のトップが私腹を肥やすなら、こっちもやってやりますよ。

家族だけは絶対守る!

僕の考えに共鳴していただける方、一緒に戦いましょう!