この記事は 158秒で読めます。

僕は、無事13日の嵐イベントが終わって、一安心って感じです。

予約販売・転売もせどり手法として広まってきた感じがしますね。

ただ、値付けについて、不慣れな方が多いような気がしました。

そのためか、最後はだんだん値段が下がってきていましたね。

そんな彼らの動きを見つつ、僕は今回ある実験をしていました。

今回の電脳せどりでの予約販売・転売の成果

12日発送分
予約販売1

13日発送分
予約販売2


合計69枚の販売でした。

売り上げ20万、利益7万でした。

利益率33%は、シングルでは上出来です。

今回の電脳せどりでの予約販売・転売の状況

せっかくカートが取れているのに、かなり安値で出品している人が多くいる印象を受けました。

一人大口が安値で出してしまうと、みんなそれに追随するので、安くなってしまうんですよね。




じゃ、予約販売はもう終わりかな?




いやいや、大丈夫です。

FBAに送るのとは異なり、予約販売は、発送に割と手間がかかります。

したがって、そのうち、「これだけの作業をしてこれだけの儲け?」 って思う人が出てきて、

予約販売市場から撤退するので、また元に戻ると思いますよ。


僕はこんな実験をしていました

どこかの記事で書いたかもしれませんが、

人と同じことをしているようでは、ラットレースから脱出できません。

せどらーが予約販売儲かるかも!って思って参入してきたときには、

僕はもう既に先のことを考えています。

僕のブログの読者には、そういう考えを持ってもらいたいと思います。



じゃ、どんな実験をしていたかというと、
【電脳せどり】アマゾンの「予約販売を1ヶ月以上前から開始できること」に対する僕の見解を検証していました。




また、コンビニ受け取りをありにすると、必ずついて回る「保留中 ➡ キャンセル」。



さらに、いつものパターンですが、発売日にアマゾンが蓋をすると、

必ず出てくる「予約注文のキャンセル」。



売り上げを減らさずに、如何に、これらのキャンセルを減らせるか、

嵐を使って実験していました。



結果的には、キャンセルは予約注文のキャンセル1件のみでした。



しかも、FBAのほうが既に高かったので、速攻OKの返事。

その購入者は、昼間、定価で買えたので、キャンセルしたかったのかと思いますが、

お互いWIN-WINだったので、かなり良し。



今回の嵐で、「保留中 ➡ キャンセル」がゼロ、「予約注文のキャンセル」が1件はかなりの成果が出たと思います。

実験は成功かと思っています。




まだまだアマゾンのシステムは深いですよ。




4月28日のアマゾンシステムの不備をうまく使えば、

まだまだどうにでも売り上げをあげることができます。




もう少し、実験を重ねて確証を得たら、

まずはコンサル生に伝授して、稼いでもらうつもりです。



電脳せどりのやり方全般については、こちらの記事でまとめてみました。

→ 【電脳せどりとは~】やり方から仕入先・ツール及び多様な販売先までブログで教えちゃいます!