この記事は 159秒で読めます。

今回、クレジットカードについて、メルマガ読者から質問を受けたので、電脳せどりブログ記事にします。


クレジットカードを含む電脳せどりの全体像を知りたい方は、こちらもご覧くださいませ。

【電脳せどり】ブログで予約販売などのコツ、仕入先やツールなど全体像を教えます!


「クレジットカード」というと「借金」と考える方もいるかもしれません。

確かに、クレジットカード=借金、と言っても間違いではありません。

でも、余裕で返済可能な借金なら、資金のレバレッジを効かせて、資産規模を大きくすることもできます。

それがクレジットカードです。

一方、電脳せどりの成功率を高めるためには、資金回転率という点も考えなくてはなりません。

amazonせどりにおいて、クレジットカードはあったほうがよいか?

結論から言うと、あったほうが、より収益を拡大できます。

むしろあったほうが、キャッシュフローを余裕を持って、まわすことが出来ます。


私の得意とする「予約販売」で説明します。

予約販売をして、僕にお金が入ってくるのは商品を発送したときです(正確には、売上をあげてAmazonから入金があったとき)。

予約販売の在庫確保は、もちろん1ヶ月以上前から始めるのですが、注文時にお金を払うところはまれです。

注文を入れてもお金は支払わずに、商品発送時(発売日の前日)にお金を支払うことが多いです。

つまり、商品の在庫確保時にはお金は使わずに、発売日の前日にお金を支払い、発売日当日に発送し、その日にお金が入ります。


これをカードで考えたらどうなるでしょう?

カードを切られるのは、発売日前日の商品購入時ですが、カードの支払いは翌月です。



となると、どうなるのか?



予約販売の売上のお金は先にもらうことができ、商品仕入のお金は翌月に支払うので、お金に余裕ができるのです。

それをまた別な商品仕入に当てれば、お金は雪だるま式に増えていきます。

これが僕がクレジットカードを使うことのメリットであると考えています。

昨日発売の関ジャニズムも、もう売上金は入ってきていますが、クレジットカード会社からの請求は来月です。

とっても楽です。

お薦めのカードは?

断然「リクルートカード・プラス」です。

これは2,000円の年会費がかかりますが、2%のポイントがつくので、年間10万以上使えば、もとは取れます。

(携帯代の支払いをこのカードにしておけば、年会費は取り戻せるでしょう)。


他のカードが0.5%~1%というポイント還元率の中、2%というのは脅威です。

僕は作り始めてまた4ヶ月ぐらいなので、まだクレジットの増額はできませんが、6ヶ月経ったら、

速攻、増額申請するつもりです。


年会費がかかることに抵抗がある方は、普通のリクルートカードというのもあります(年会費無料)。

こちらでもポイント還元率は、1.2%なので、他と比べても十分高いです。

どちらのカードも、今、キャンペーンをやっているようで、10,000円キャッシュバックがあるようですから、

この期間中に作ってしまうのがお得かと思います。